付箋活用法

付箋活用法

 

みなさんは、付箋をどのように使用していますか?

ブックマークにしたり、メモをしてデスクに貼り付けたり…

 

付箋には、様々な活用法があります。

今回は、そのうちのいくつかをご紹介します。

 

レシピに活用

 

レシピに付箋を活用すれば、

材料の付箋がそのまま買い物のメモに。

 

さらに、作り方の部分をキッチンの壁に貼り付ければ、

手が汚れていたり、濡れたりしていても、

パッとレシピを確認することができます。

 

また、作った後に気づいたことを付け足しておけば、

自分だけのオリジナルのレシピの完成です。

 

スケジュール帳に活用

 

仕事は赤、プライベートは黄色、のように色で分ければスケジュール管理がより簡単に。

 

TODOリストや買い物リストなども同時に管理することができます。

 

急な予定変更やキャンセルでも消しゴム要らず!

付箋を剥がすだけでOKです。

 

勉強ノートに活用

 

付箋は勉強ノートでも大活躍。

 

重要な公式は赤、のように、重要度別に色を使い分けると、一目でポイントがわかります。

 

また、要素別に項目を分けて貼っていけば、効率UPすること間違いなしです。

 

一通り書き終えた後に、内容を付け足したくなっても、付箋を使用しておけば安心。

 

ノートに直接書き込んでいないので、

後から順番を入れ替えることができます。

 

 

このように、付箋には様々な活用方法があります。

最大限に活用して、手帳やノートをもっと使いやすくしてみませんか?

 

 

 

 

この記事の商品はこちら