キレイに見やすく!上手な手帳の使い方

キレイに見やすく!
上手な手帳の使い方

 

こんにちは。

今回は、手帳を綺麗に使うためのコツをご紹介します。

スケジュール管理には欠かせない手帳ですが、書き込みすぎて逆に見づらくなってしまうこともありますよね。

そんな方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください♩

 

字を色分けする

 → 仕事
 → 習い事など自分に投資すること
 → 娯楽

などといったように、予定の種類で色分けすると手帳が見やすくなります。

逆に色分けをしすぎると書くのが大変になるので、多色ボールペンなどを使うと良いかもしれません。

 

ちょっとしたメモは付せんに書く

今日中にやっておきたいことや、忘れないでおきたいことなど、なんでも手帳に書き込んでしまうとページが真っ黒になってしまいます。

そういうときは付せんに書いて貼り、終わったらはがすようにするとキレイに保つことができます。

 

蛍光マーカーを使う

黒ペンで書いてマーカーを引いて色分けをしても見やすくなります。

 

マンスリーとウィークリーを使い分ける

手帳にマンスリーとウィークリーが両方入っている場合は、メインを決めてきちんと使い分けるのがオススメです。

プライベートと仕事で使い分けたり、予定と記録で使い分けたり、ウィークリーは日記に使ったり。

両方に同じことを書かないようにすると、整理がしやすくなります。

 

いかがでしたでしょうか?

これらのことを意識して綺麗に手帳を使いましょう♩

 

この記事の商品はこちら