コーネル式ノート術で効率よくノートを取ろう!

コーネル式ノート術で効率よくノートを取ろう!

こんにちは。

 

皆さんは、授業中のノートのまとめ方や会議中のメモの取り方に悩んだことはありませんか?

今回は、そんな方にオススメの「コーネル式ノート術」をご紹介します。

 

コーネル式ノート術とは?

コーネル式ノート術とは、1989年、アメリカの名門大学であるコーネル大学の学生のためにWalter Pauk氏が考案したノート術です。元々は学生の学習効果を高めるために考案されたものですが、仕事でメモを取る際などにも応用できます。

 

コーネル式ノート術の特徴

コーネル式ノート術では、ノートのページを写真のように3つのエリアに分けて使います。

それぞれのエリアの用途は以下の通りです。

①ノート

講義や会議で話を聞きながらメモを取る部分です。

箇条書きで情報を並べます。

 

②キーワード

復習の際に使う部分です。

ノートにとった内容の中でポイントとなる部分を書き出します。

重要な単語などを抜き出して書くとわかりやすくなります。

 

③サマリー

最後に使う部分です。

ポイントを抜き出し、1ページの内容を文章としてまとめます。

 

①の部分は授業中や会議中、②・③の部分はその日のうちに記入します。

このように使うことで、一目で要点を把握できるノートが出来上がり、同時にアウトプットまで行うことができます。

授業などの復習はもちろんのこと、会議の内容を自分で整理するためにも有効です。

 

いかがでしたでしょうか。

皆様もぜひ、コーネル式ノート術を活用してみてください♩