マンダラチャートver.2
~書くポイント編~

マンダラチャートver.2
~書くポイント編~

 

こんにちは。

今回は「マンダラチャートの使い方」の第2弾として、マンダラチャートを書くポイントについてご紹介します。

前回ご紹介したマンダラチャートで一週間のTODOを見やすく、分かりやすくまとめることができ、かつ楽しく書くことができます♩

 

色分けをしよう 

月~日曜日、今週の項目を用意し、各曜日の予定と今週の目標を書き込む時に、色分けをしましょう。
色分けをすることで、一気に見やすくなります。

注意点は、隣り合ったマスに同系色を使わないこと。
パッと見返したときに、似た色が並んでいると見間違いを招いてしまいます。

2色、3色ほどでシンプルに書きたい方は、赤青赤青…と交互に書くのがおすすめです。

 

1マスに1行

一目で分かりやすくするには
簡単な1文でまとめるのがポイントです。

ただし、見返したときにTODOがパッと分からないと困ってしまいます。

具体的に「●時に会議」やオリジナルの記号や略語を入れて「土曜の予定ck」とアレンジしてみるのもおすすめです。

 

終わったら印を

終わったものは斜線を引いたり、塗りつぶしましょう。
見返したときに、「やり切ったぞ!」と達成感を感じると同時にタスクをこなすことが楽しくなるはず。

また、塗りつぶす場合、自分ルールを作って

ピンク→プライベートのタスク
ブルー→仕事のタスク

のように色分けをすると、1週間が終わり見返すときに自分の生活リズムや時間の費やし方に気づきやすくなります。

 

今回は第2弾として、書くときのポイントをまとめてみました。
紹介したポイント・作り方を参考に、ぜひマンダラチャートを使ってタスクを整理してみてください♩