効率よくタスクをこなそう!
TODOリストのポイント・作り方

 

 

効率よくタスクをこなそう!

TODOリストのポイント・作り方

 

こんにちは。

いよいよ新年がスタートしましたね。

そろそろ仕事や学校も始まり、忙しくなってくる時期ではないでしょうか。

そこで今回は、タスクを効率よくこなすためのTODOリストのポイントと作り方をご紹介します。

 

ポイント①必ず手で書く

今はスマートフォンでもメモ機能やTODOリストのためのアプリがありますが、時間があるときに紙に書き出すことをお勧めします。

時間や手間がかかるだけのように思えるかもしれませんが、手を動かすことによって脳が刺激され、頭の中を整理することができます。

 

ポイント②ジャンル分けをする

TODOリストを作る際、仕事や学校のタスクとプライベートのタスクを一つにまとめてしまうと、見返した時にわかりづらくなってしまいます。

色やスペースを分けるなどして、一目で区別できるようにしましょう。リスト自体を仕事用とプライベート用で作り分けるのもオススメです。

 

ポイント③優先順位を明確に

期日が近いもの、仕事などでミスが許されないものがあまり重要でないものと混ざってしまわないようにしましょう。

これもジャンル分けと同様、ただやることを書き並べるだけではなく、重要度の高いものから順番に書いたり、重要なものだけにアンダーラインを引いたりすると効果的です。

 

実際にTODOリストを書いてみよう

上記のポイントを踏まえ、簡単に実践できるTODOリストの作り方をご紹介します。

 

①ルーズリーフなどの紙を用意し、それを四当分に折って線をつける

②折り目で四つに分けられたスペースに、写真にあるようにTODOリストの内容を分類して書く

たったこれだけで完成です。

この方法なら今やるべきこと・後回しにしても良いことがすぐにわかります。

タスクが多い方は仕事or学校用、プライベート用の二枚を作って分けると良いでしょう。

少ない方は赤と青で色分けして書くだけでも十分わかりやすいTODOリストになります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介したポイント・作り方を参考に、ぜひTODOリストを作ってタスクを整理してみてください♩