素敵なクリスマスカードを贈ろう!
気持ちが伝わるメッセージの作り方

 

素敵なクリスマスカードを贈ろう!

気持ちが伝わるメッセージの作り方

 

 

こんにちは。

クリスマスまで約2週間。

そろそろクリスマスカードの準備を始める方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クリスマスカードのメッセージの作り方をご紹介します。

贈る相手別のポイントに加え、一文入れるだけで一気にクリスマスらしい雰囲気になる英語のメッセージも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

気持ちが伝わる!相手に合わせたメッセージの作り方

①友人へ

友人へ送るクリスマスカードでは、日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。

その際、ただ「いつもありがとう」と書くのではなく、「いつも相談に乗ってくれてありがとう」というように、贈る相手に合わせて具体的に書くことがポイント。

また、その年を振り返り、楽しかったことや嬉しかったことを書くと、より相手に合った文章になります。

締めくくりには「幸せなクリスマスを!」「楽しいクリスマスを過ごしてね」など、相手の幸せを願う言葉を入れましょう。

 

例 いつも元気付けてくれてありがとう!今年もいろんなところに遊びに行けて楽しかった〜♩〇〇にとって素敵なクリスマスになりますように!

 

 

②恋人へ

恋人たちにとって、クリスマスは一年の中でも大切なイベントですよね。

そんなクリスマスに贈るカードだからこそ、普段はなかなか言えない気持ちを伝えるチャンスです。

「大好きです」「愛しています」とまっすぐな言葉で伝えれば、相手もとても喜んでくれると思います。

大切な相手とクリスマスを迎えることができる幸せも、恥ずかしがらずに伝えましょう。

また、日頃の感謝はもちろん、これから先のことにも触れると、ずっと良い関係でいたいという気持ちが伝わりやすくなります。

 

例 メリークリスマス!いつもありがとう。〇〇くんと一緒に過ごせて幸せです。来年のクリスマスも一緒にいようね♩大好きです。

 

 

一気にクリスマスらしく!英語のメッセージ

空いたスペースなどに英語のメッセージを添えるだけで、簡単におしゃれなカードに仕上がります。

カードが少し寂しいな、という時には是非活用してみてください♩

・Wishing you a very merry christmas.

(楽しいクリスマスになりますように)

 

・May your christmas wishes come true.

(あなたのクリスマスの願いが叶いますように)

 

・Thinking of you with love at christmas.

(クリスマスにあなたのことを想っています)

 

・With best wishes for merry christmas.

(クリスマスの幸運をお祈りします)

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、クリスマスカードのメッセージの書き方をご紹介しました。

先週ご紹介したおしゃれな文字の書き方も参考に、素敵なカードを作ってみてくださいね♩

この記事の商品はこちら