4色ボールペンを使いこなそう!

 4色ボールペンを使いこなそう!

 

こんにちは。

 

突然ですが、皆さんは4色ボールペンの使い方に悩んだことはありませんか?

 

黒、赤、青、緑が一本になっており、様々なシーンで活躍する4色ボールペン。

しかし、いつも黒ばかり使ってしまう、緑の使い道がわからない、などなど、四色全て使っているという方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、誰もが一本は持っているであろう4色ボールペンの活用法を二つご紹介します。

 

 

そもそも色分けの効果とは?

活用法の前に、色分けによって得られる効果を簡単にご説明します。

オーソドックスな4色ボールペンの色は、赤、黒、青、緑で構成されていますが、これらの色にはそれぞれ下記のような視覚効果があることをご存知ですか?

 

赤:重要、注意喚起

黒:基本、保護、権威

青:補足、落ち着き

緑:調和、安らぎ

 

人はそれぞれの色に対してイメージを持っています。

そのため、色分けをして書くことによって文字にイメージが加わり、瞬時に理解しやすいメモを作ることができます。

また、意識して色分けを行うことは思考整理能力の向上にも有効だと言われています。

 

 

それでは、ここからは具体的な活用法をご紹介していきます。

 

 

会議や打ち合わせのメモで

一つ目は、会議や打ち合わせのメモを4色ボールペンでとる、という活用法です。

進行が早い会議や打ち合わせでは多くの方がメモを取ると思いますが、後から見返すと何が重要なのかわからない、ということはありませんか?

 

そんな時、4色ボールペンで色分けをすれば、簡単にわかりやすいメモを作ることができます。

 

 

例えば、

赤:重要なメモ

黒:重要度の低いメモ

青:自分の仕事、後から考えるべきこと

緑:他の人の仕事、参考程度のメモ

 

のように、色ごとに内容を決めて書くと、一目で重要なポイントや自分がやるべきことを確認することができます。

ボールペンを持ち替えることなくできるので、手間も時間もかかりません。

 

 

スケジュール帳への書き込みで

二つ目は、4色ボールペンを使って予定を書く、という活用法です。

 

赤:重要な仕事の予定

黒:普段の仕事の予定

青:プライベートの予定

緑:予定の補足

 

の四つに分けて書くことで、仕事とプライベートの予定が混ざってしまうこともなく、簡単にスケジュール管理ができます。

また、仕事のしすぎや遊びすぎといったスケジュールの偏りを色の使用量から把握できるため、自己管理にも有効です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、色分けの効果と併せて4色ボールペンの活用法を二つご紹介しました。

どちらも簡単に実践できるので、ぜひ試してみてください♩

この記事の商品はこちら