余った付箋を使い切ろう!
~活用アイデア3選~

 

余った付箋を使い切ろう!
~活用アイデア3選~

 

こんにちは。

付箋をメモや単語帳のインデックスとして使用したことは、どなたでも1度はあるかと思います。

しかし、最近ではパソコンやスマホで簡単にメモが取れるので、かつて使用していた付箋がお家の片隅に眠っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、余ってしまいがちな付箋を無駄なく使い切れる簡単な活用アイデアをご紹介します。

 

今回使用する付箋

・15㎜×50㎜
・40㎜×70㎜
・75㎜×75㎜

それぞれのサイズに合わせた使い方を紹介致しますので、ぜひ最後まで読んでみてください♩

 

①15㎜×50㎜

細長く、見出しとしてもピッタリなコンパクトサイズの15㎜×50㎜。

 

・TODOリスト


1枚に1タスク書くと、視覚的に分かりやすくおすすめです。

お仕事の場面以外にも、「図書館に本返却」「16時から映画」など、プライベートでもシーンを選ばず活用できます♩

また、終わったタスクをすぐに剥がせば達成感も得られます!

②40㎜×70㎜

ちょっとしたメモ書きや目印に最適な中判サイズの40㎜×75㎜。

 

・本のしおり


読書の秋、本の虫と化す方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、付箋にメモを書いて本に挟む活用法。

「大事な本を汚さず簡単に読み返したい」「ポイントを押さえたい」を付箋を貼ることによって一気に解消できます。

しおりとしても、メモとしても活用でき、一石二鳥です。

 

③75㎜×75㎜

詳しくメモができる、ゆとりサイズの75㎜×75㎜。

 

・透明ケースに貼って目印


夏も終わり、秋冬に備えてようやく衣替えも本格化の時期になりましたね。
そんなとき、中に入れたものをメモに書いて、衣装ケースに貼ります。

こうすることでどのケースに何を入れたか、蓋を開けなくても確認できます。

ポイントは、ケースの内側に貼ること。
中身を書いたメモを内側に貼ることによって、剥がれてしまう心配もありません。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は、お家に余っている付箋を活用する簡単アイデアを3つご紹介しました。

用途に合わせて大きさ別で紹介しましたが、
・TODOリストを大きく1枚で
・目印は小さく簡単に
など工夫次第でサイズを問わず簡単に活用できます。

ぜひチャレンジしてみてくださいね♩

 

この記事の商品はこちら